矯正歯科orthodontics

子どものための矯正治療

「矯正治療は子どものうちに受けるもの」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。実際には、大人であっても顎の骨が健康であれば、矯正治療は可能です。しかし、子どものうちに始めることで得られるメリットが大きいのも確かです。

例えば、小児矯正のメリットとして歯や顎の骨の成長をコントロールしやすいという点が挙げられます。これはつまり、体が成長中だからこそ、大きな不正咬合にも対処できる可能性が高くなるのです。その結果、抜歯をせずに歯並びが整うケースも少なくありません。

歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、虫歯・歯周病にもなりやすくなります。子どものうちに歯並びを改善することで、そういったデメリットも効率的に解消することが期待できます。

予防矯正という考え方

歯並びが悪いと、お口のケアがしにくく、虫歯や歯周病になりやすくなります。そうなると、早期に歯を失い、義歯治療が必要になる可能性も否定できません。それは、生涯で歯の治療に使う費用が高くなったり、食事や会話に困ったりするということを意味します。

子どものうちに歯並びを整えることは、これらのトラブルの種を早期に摘むことになるため、予防矯正という見方もできます。治療中はお子様にとって我慢が必要なときもあるかもしれませんが、長い人生を考えると、その後に返ってくるメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

当院で扱う小児矯正の種類


プレオルソ

プレオルソは取り外しのできる小児矯正向けのマウスピース型装置です。マウスピースを毎日決まった時間装着することで歯並びを整えます。学校に行くときは外すことができますので、装置の見た目を気にすることはありません。

プレオルソの特徴として、お口周りの筋肉のバランスを整えやすいという点が挙げられます。これを装着することで、歯並びの悪化を招くお口・舌・唇の癖、口呼吸、嚥下の癖を改善させることが期待できます。

MFT(口腔筋機能療法)

歯並びは遺伝的な要因だけでなく、子供の頃の生活習慣や癖からも影響を受けることがあります。指しゃぶりや前歯の間から舌を出す癖、お口を常にポカンと開けてしまう癖があると、不正咬合を招いたり、お口周りの筋肉を弛緩させたりしてしまうのです。

MFT(口腔筋機能療法)は、このような後天的な癖の矯正や、機能の改善を目的として行うトレーニングです。具体的には、正しい舌先の定位置を覚えたり、舌の筋力を鍛えたりする運動を毎日行っていただきます。癖を直すことで、歯並びが悪くなるのを防ぎましょう。